Page: 2/3  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
パステルアート展atギャラリー50/50(第4回)
JUGEMテーマ:パステルアート

3連休とは無縁の、さして変化のない日常を過ごしているわたくし会長のSですが、皆さんは如何お過ごしですか?
今日は絶好の行楽日和だったので、どこかへパーッと出かけられた方もいらっしゃることでしょうね。  

さ〜て、秋も深まってきましたので、そろそろ例の『パステルアート・シェアリング大会』にいきましょうか。
(秋の深まり・・・意味なし)

今回のはどうでしょう。タイトルはあえて伏せておきますね。

いつものように、観たまま思うまま感じたままに、皆さんそれぞれの心の中でシェアリングを行ってください。
では、どうぞ〜。

夢・泳ぐように 飛ぶように

本作品の無断転載、複製等は法律で固く禁止されております。


にほんブログ村に参加しています。よろしければ応援クリックしてやってください

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知 その他の街情報へ



| 会長のS | 19:17 | comments(3) | - | pookmark |
パステルアート展atギャラリー50/50(第3回)
JUGEMテーマ:パステルアート

『パステル和(NAGOMI)アート』公認インストラクター資格認定証書が届きました。
これで晴れて私も“正インストラクター”として認められ、準インストラクター養成講座が開けるようになりました。間違っても“自称・正インストラクター”に堕さないよう、自己研鑽に努めたいと思っています。

さてさて、『パステルアート・シェアリング大会』はまだかッ!との催促の声があちこちから上がってますので(ホントかよ)、正インストラクター認定を記念して(意味不明)、第3回のアートシェアリングを行いましょうか。 
 
今回も抽象画です。思うままに感想を抱いていただき、コメントを入れなくても、皆さんそれぞれの心の中でシェアリングを行ってくださいね。
では、どうぞ〜。

無題「無題」

本作品の無断転載、複製等は法律で固く禁止されております。



| 会長のS | 12:16 | comments(2) | - | pookmark |
パステルアート・秋の新作展(パート供atギャラリー50/50
JUGEMテーマ:パステルアート


ファンの皆様、大変長らくお待たせいたしましたぁ〜ッ!(もうええっちゅーんじゃ!)
パステルアートの新作第2弾でございま〜す!!
クッキーでもあられでも肉まんでも何でも、お好きなものをつまみながら、ごゆっくりご鑑賞ください。

秋・赤い屋根の家丘の上シリーズ
「秋・赤い屋根の家」

赤い屋根の家・グライダー丘の上シリーズ
「赤い屋根の家・グライダー」


アクリルフレーム入り秋・赤い屋根の家アクリルのクリアフレームに入れるとこんな感じに。

フレーム入り・赤い屋根&グライダーもうひとつの作品はJPHAAで扱っているフレームに入れてみました。


「赤い屋根の家・グライダー」の絵は、上から2番目の絵だけのものと、一番下のフレームに入れたものとでは、若干違うところがあります。フレームに入れた方は、上から2番目の絵に後で少し手を加えたところがあるのです。
といっても、ほんのわずかに綿棒にパステルの粉を付けて修正しただけなので、事情を知らない人が見ても、間違い探しクイズのようにハッキリとは分かりませんけど。

このように微妙な色やタッチの違いでも、施すと絵全体の感じが変わるから不思議です。ほんの少しのことが、大きく影響するんですね。
ですから私は、はたから見ればどうでもいいような細部にまでこだわって、とことん納得がいくまで描き込んでいくのです。もちろん即興的にささっと描いて、それでヨシとするのも有りです。どこまで手を入れるのかは、描く人が決めるのですから。

微細なパステルの粉が混ざり合って創り出す色彩のハーモニーと、練り消しや消しゴム、綿棒を駆使して求める形に近づけていくデリケートな作業。その結果が作品です。
とはいえ、なかなか自分の思い通りには描けていないです。いくら手を加えても果てしないくらいキリがなく、パステルアートの奥は深いのです。

※本作品の無断転載、複製等は法律で固く禁止されております。




| 会長のS | 23:08 | comments(2) | - | pookmark |
パステルアート・秋の新作展(パート機atギャラリー50/50
JUGEMテーマ:パステルアート


え〜〜ファンの皆様(おるんかい!)、大変長らくお待たせいたしましたぁ〜ッ!
パステルアートの新作が出来ましたので、2回に分けて発表しま〜す!
コーヒーでも紅茶でも青汁でも何でも、お好きなものを飲みながら、ごゆっくりご鑑賞ください。

カラスウリ「カラスウリ」

秋・天体観測所丘の上シリーズ
「秋・一番星と天体観測所」

月夜のミサこれも丘の上シリーズ
「月夜のミサ」

「カラスウリ」と「月夜のミサ」は、自宅で思う存分時間をかけて描きました。
「秋・一番星と天体観測所」は、先日の上位認定講座で、時間的制約のある中で描いたものす。
だからどうということはなくて、時間をかけようが手早く描こうが、作品の質にあまり大差の無いところがパステルアートの良さでもあると思うのです。

アクリルフレーム入り3作品3つの作品をアートフレームに入れるとこんな感じです。
両端のクリアフレームは、上位認定講座の受講者に差し上げたのと同じものです。


あるファンの方から、「四季を描いたカレンダーを!」というご要望がありましたので、今後は「季節を描く」と「丘の上シリーズ」を2大テーマに、取り組んでいきたいと思います。 
((ほんとにファンか?不安違い(勘違い)かも))

※本作品の無断転載、複製等は法律で固く禁止されております。






| 会長のS | 18:54 | comments(0) | - | pookmark |
パステルアート正インストラクター(上位認定)資格取得講座修了!
JUGEMテーマ:パステルアート



金木犀(キンモクセイ)の甘い芳香の漂う時季になりました。

キンモクセイの花街角で、路地裏の植え込みで、あの、オレンジに砂糖をまぶしたような香りに出会うと、むむッと意識が覚醒するように感じます。










11日の日曜日は、パステルアート正インストラクター(上位認定)資格取得のための最終講座を受けに行きました。
いよいよこれでパステルアートの講座を受講するのも最後か。。。と、少し感傷的な気分で駅へ向ったのですが、途中どこからか金木犀の花の香りがしてきて、なぜかとてもさわやかな気分になりました。
途端によし、やるぞ!と前向きな気持ちが湧いてきて、電車に乗り込んだのです。

たまたまこの日は、私のことを知っているTさんが午前中準インストラクター講座を受けていて、久しぶりなので顔が見たいと、私の到着を他の2名の方と一緒に待っていてくれました。お三方とも女性です。
入れ替わりの短い時間とはいえ、女性とお話しできるのは嬉しいもので、ちょっと楽しい気分に。
でも、初めて私を見たお二方はガッカリされたかも・・・。

今回は私がインストラクターとして講座を進めるという設定で行いました。受講生の役は、全12回の準インストラクター講座を一緒に受けていた2名の方と、途中一度ご一緒させていただいた方1名に、私の講師である渡辺先生の計4名です。
模擬的な講座とはいえ、一般の方に初めて教えるのと同じ進め方で実際に絵を描くのです。しかも、先生から教わったことをその先生に教えることになるわけで、チョー緊張しました。(ウソ)

上位認定講座_3先ず、パステルの扱いを含め、基本的な描き方から説明しました。皆さんよく御存じなので、改めて話をするのはなんだかやりにくかったです。

一応時間配分も入れたレジメを用意してきたので、それに沿って進めましたが、どうしても言葉に頼る説明になりがちで、渡辺先生から、手にパステルやカッターを持ち、こうするんですと視覚に訴えた方が受ける方は分かりやすいと、アドバイスをいただきました。
上位認定講座_1
「パステルはどれくらい削ったらいいのですか?」とか「どの指を使って描くのですか?」「パステルを直接紙に当てて描いてもいいですか?」など、初めての方から出そうな質問を受講生役の方がしてくれて、私を鍛えてくれました。

練習で1枚描いたあと(練習でもタイトルと日付、サインを入れます)、「夢」をテーマに、「以前見た夢を描こう」(思い出したくない悪夢は描かない)と、「叶えたい『夢』を描く」の2つの課題に取り組んでもらいました。
1枚45分で描いてもらう予定が、思った以上に時間がかかり(80〜90分くらいでした)、結局、どちらか1枚になってしまいました。
上位認定講座_23つめの課題は「自由課題」。思い浮かばない人には「季節を描く」をテーマにしてもらいました。
この1枚は、私が用意した透明クリアフレームに入れるため、それ用のサイズに切った紙に描いてもらい、終わったらフレームに入れて見栄えを確認しました。
そのフレームは記念に、皆さんに差し上げました。
上位認定講座_作品2今回の力作です。右端のは私の作品です。
一番下の縦長のが、クリアフレームに入れてもらう絵です。

一人の方が、今までとは違った感じの絵が描けたと言われ、他の方も頷いていました。
講師が変わると新しい試みをしてみようと思うのでしょうか、描く絵の傾向が変わることがあるのですね。


講座の最後にインストラクターをした感想と、協力していただいたことへのお礼を述べ無事終了。これで私の受講するパステルアート講座も、全て修了です。
『パステル和(NAGOMI)アート』公認インストラクター上位認定申請書に、渡辺先生から実績認定のサインと捺印をいただきました。これを日本パステルホープアート協会へ送り、登録認定料を納め、認定証が手元に届けば、晴れて私も“正インストラクター”として、準インストラクター養成講座が開けるわけです。

講座が終わって皆さんとお茶を飲み、持ち寄った手作りのスィーツなどを美味しくいただきながらしばし歓談。ちょっとした同窓会のようにな楽しさでした。

後で渡辺先生から、パステルアートは、正しい描き方はこうだ、と縛ったりせず、選択肢を多くして、自由に思いのままに描くことが大切。また、描くことによって自己肯定感や自己効力感を高めることもできるので、そういったセラピー性も忘れずに講座を行って下さいと、ご講評をいただきました。
講師になると、どうしたらうまく描けるのかとか、絵が上手になりたいといった受講生の欲求に応えようと、つい技法の伝授に走りがちですが、先生のお言葉、しかと肝に銘じて精進します。



 

| 会長のS | 19:17 | comments(4) | - | pookmark |
パステルアート展atギャラリー50/50(第2回)
JUGEMテーマ:パステルアート

前回大好評だった―(ほんとかよ)、パステルアート・シェアリング大会の第2回です。

今回は抽象画を観ていただきます。
絵を用いた心理テストと同じように、観た人が思うままに感想を抱いていただければ結構です。何を描いたかを当てるものではありません。

シェアリング(わかち合い)のルールをもう一度載せておきます。

1) 絵の上手い下手の評価はしない。
2) 欠点を指摘したり、否定的な言葉や内容はNG。 良いと感じたり思ったりしたことを伝える。


タイトルは・・・作者コメントと共に、今回は伏せておくことにします。
では、どうぞ。

桃源郷へ

本作品の無断転載、複製等は法律で固く禁止されております。




| 会長のS | 23:02 | comments(2) | - | pookmark |
パステルアート展atギャラリー50/50(第1回)
JUGEMテーマ:パステルアート

こちらへいらした方々へ。
いつも私の拙いブログをご覧いただき、ありがとございます。
改めてお礼を申し上げます。

今更何を・・・と思われるかもしれませんが、日頃のご愛顧に感謝の意を表し、新しい企画を始めることにしました。(わけわからん

それで今日から気が向いたときに、私の描いたパステルアートをここ、ギャラリー50/50で展示していきますので、よろしければご感想なんぞをコメント欄へ頂けますでしょうか。もちろん強制することではありませんので、お気軽にご覧ください。(第一、どなたがブログを見ているのかわかりませんし)

ただし、コメント(作者へのメッセージ)の内容については、私がパステルアートを学んだ、パステル和(なごみ)アートの講座で行う、シェアリング(わかち合い)のルールに則って書いてください。
守っていただくのは次の2点です。

1) 絵の上手い下手の評価はしない。
2) 欠点を指摘したり、否定的な言葉や内容はNG。 良いと感じたり思ったりしたことを伝える。

なんとまあ勝手なお願いなんだと、自分でも呆れるくらいですが、これには理由がありまして。
つまり肯定的な評価をするということは、評価される人の気持ちが暖かくなるだけでなく、評価した人自身の思考も肯定的にする、心の状態を前向きにするという作用があるからです。
頂いたコメント(メッセージ)のひとつひとつへお返事することはないかもしれませんが、コメントされた方へは、必ず何がしか心理的にプラスになるフィードバックがあるものと信じています。お名前は本名以外のハンドルネームで構いません。
コメントの出来ない方も心に思うだけで結構ですから、どうぞこのささやかなパステルアートの展示会で行うシェアリングにご参加ください。

尚、皆さんから頂くコメントは、スパムメール対策のため承認制になっています。直ぐに画面に反映されないことと、内容が不適切なものは掲示いたしませんのでご承知おきください。
また、絵についての作者(私)のコメントは、頂くメッセージに影響が無いよう、必要最小限の内容に留めますので悪しからず。

では、早速はじめましょう。第1回目はこの絵です↓。
タイトルは『夏休み』です。

夏休み

【作者コメント】
幼少の頃学校の夏休みに入ると、毎年母方の実家へひとりで長期間滞在するのが常でした。
いとこ達と遊んでばかりいましたが、時に祖父が私を自転車の荷台に乗せて田んぼの手入れへ連れて行き、その帰りに駄菓子屋へ寄ってラムネやアイスクリームを食べさせてくれるのでした。

※本作品の著作権は作者に帰属し、無断転載等は法律で禁止されております。


| 会長のS | 18:35 | comments(7) | - | pookmark |
パステルアート正インストラクター(上位認定)資格取得講座

JUGEMテーマ:パステルアート

7月4日(土)は、パステルアートの正インストラクター(上位認定)資格取得のための講座を受けました。場所はこれまでと同じ、愛西市の渡辺先生の教室です。

全2回の講座の第1回目のこの日は、講座を開くにあたっての準備や講師としての心構えなどについて学んだあと、パステル画を3枚描きました。

月と山上の2枚、「月と山」「草原」は、日本パステルホープアート協会の代表、細谷典克先生の作品を手本に、同じように描くという課題で描いたものです。

この課題の主旨は、参考作品、つまり細谷先生の作品のコピーを見た受講生から、このように描きたいと言われた時に指導できるようする、ということでした。

草原どんな色や技法を使って描いたのかは、絵の小さなコピーを見て判断したのですが、まったく同じようには描けず、やはり自分流の個性が出た作品となりました。
色や技法も正しいかどうか不明です。
(ま、いいか)


西へ向かう道3枚目のこの作品「西へ向かう道」は、上の課題とは別に自由なテーマで描いたものです。

ちょっと非現実的な感じがしますね。
私の好きな作家、アンリ・ルソーの作風に近い雰囲気がありますが、いかがでしょうか。

この絵の風景は、岡崎市美術博物館敷地内の遊歩道がモチーフになっています。(日記「ピサロ展」参照)

次回第2回目の講座は、私が講師になって、講師の先生を受講生にして講座を行うという内容です。
さてどうなることやら、今から少しドキドキしています。


| 会長のS | 03:21 | comments(0) | - | pookmark |
パステルアート・インストラクターの資格認定!

6月6日の日記で申請中ですと紹介した、日本パステルホープアート協会が主催する、「パステル和(NAGOMI)アート」の、準インストラクターの資格認定証が届きました。
赤くて厚い表紙付の立派な認定証とインストラクターの名刺が同封されていました。

申請して1か月かかりましたが、これで晴れて協会公認のワークショップが開催でき、講師をすることができるようになりました。自分の存在価値が少し上がったようで、ちょっと誇らしい気分です。

当面、ワークショップ(パステルアート体験講座)の予定としては、来年3月14日(日)の、竹の子会主催の講座があり、それがインストラクター(講師)のデビューとなりますが、それまでに機会があれば講座を開くかもしれません。問題は、私に知名度とPRの力がなく、受講生があつまるかどうか、ですね。
講座の開催に関しては、またこのブログでご案内したいと思います。

準インストラクターの資格を取ったばかりですが、明日4日(土)に、もう次の段階、「上位認定」の資格を取るための講座に行きます。
楽しみはまだまだ続きます。



| 会長のS | 02:33 | comments(2) | - | pookmark |
パステルアート講座の修了とパステルアート体験講座のお知らせ

グライダー昨年7月に体験講座を受講して以来、毎月1回(2回の月もあり)通った全12回の「心も学ぶパステルアート講座」を、先週の日曜日に修了しました。
当初は2名で、途中から1名合流して3名で受講していました。約1年の間、日曜日の午後に愛西市の渡辺弘子先生の元へ集まり、寛いだ雰囲気の中で心のミニ講座とパステルアート講座を学んだのです。
講座を受けている時間も充実していましたが、終わった後の“お茶タイム”が毎回楽しみでした。各自差し入れに持ち寄ったお茶や手作りのお菓子、旅のお土産などをいただきながら、旅の写真を見せてもらったり、それぞれ思うことを話していると時間の経つのも忘れ、ついおいとまするのが遅くなることもしばしばでした。
旅路の帆 麗しの風左の一番上の絵は以前自宅で描いた『私の好きな曲「グライダー」』で、当日この絵を基に2枚同じものを描き、1枚は教室に預け、もう1枚は準インストラクターの資格申請のために提出しました。そう、この講座は日本パステルホープアート協会公認の準インストラクター養成講座も兼ねていて、講座最後のその日、レポートと合わせて3枚の課題の絵を提出したのです。残りの2枚は、左の上から3枚目の『創生』と一番下の『郷愁の香』です。関係書類と一緒に無事提出できたので、後は資格の認可を待つだけです。

上から2番目の帆掛け舟の絵『旅路の帆 麗しの風』は、講座の一番最後に描きました。毎回マンネリにならないよう腐心して描き方を変えたりしているのですが、この絵は、ほんの僅かに消しゴムを使用した以外は、全て指にパステルの粉を付けて塗り、仕上げてみました。見た人から「油絵みたい」という感想をいただきましたが、如何でしょうか。いろいろ試してきましたが、やはり使う色やタッチ、画風に私の絵とわかる特徴があるらしく、それが個性でもあるようです。(※各絵はクリックで少し拡大できます)
このとき私は利き手の指で描きましたが、パステルアート体験講座では、利き手と反対の手の指で描くことから始めます。       
創生(提出用)
その「パステルアート体験講座」が、来週6月14日(日)に豊田で開催されます。絵の苦手な方やパステル画を描いたことのない方でも楽しく簡単に描け、心が少し元気になりますよ。まだ席に空があるようですので、ご都合のつく方、よろしければ体験してみてください
郷愁の香りそれと、蛇足ながら『グライダー』と『旅路の帆〜』は、私が制作に関係した曲がモチーフになっています。
その2曲はこちらで試聴できます。よろしければ、曲も聴いてみて下さい。試聴の「聴く」をクリックすれば、曲が自動で再生されます。“試聴”ですから、もちろん“無料”です。
聴いていただいた方からよく、「プロの曲みたい」と言われますが、実際に音楽制作を生業にしている知人が協力してくれました。

| 会長のS | 14:53 | comments(2) | - | pookmark |

Profile



☆1日1回応援クリックお願いしま〜す!☆ 11/ 1現在 多趣味16位・健康(心と体)33位・愛知街情報は1位と大健闘!。ガンバレわたしッ!(笑) 応援よろしくね!! (^o^)/

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知 その他の街情報へ
【マクロミル】アンケート会員募集中!謝礼ポイント有
マクロミルへ登録
My Yahoo!に追加

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Recommend

スウィンギン・ロンドン 50’s-60’s
スウィンギン・ロンドン 50’s-60’s (JUGEMレビュー »)
スチュアート・デュラント,マイケル・ホワイトウェイ,ポール・リーヴス,佐藤 秀彦,前山裕司,村松 和明,南目 美輝
書名と同じタイトルの展覧会会場で購入。展示品のカタログとして眺めても楽しく、50〜60年代の雰囲気を知る資料としても貴重。今から半世紀以上前のデザインがモダンでカッコいいのに驚き。個人的にはジミー・ペイジに関する写真と記事に感激。

Recommend

世界の日本人ジョーク集
世界の日本人ジョーク集 (JUGEMレビュー »)
早坂 隆
確かに言い得て妙でにやりとさせられるが、全ての日本人がこうだと思われているとしたら、笑ってばかりはいられない。

Recommend

取調室の心理学
取調室の心理学 (JUGEMレビュー »)
浜田 寿美男
警察官も検察官も裁判官も“神”ではない。それどころか中には内に“悪魔”を宿す者がいる。裁判員制度云々よりも、まず司法の制度、システムの問題から見直さねばならないのではないか。もし証拠を捏造され、自分が犯罪者に仕立てられたとしたら…。決して他人事ではないことが読めば分かります。

Recommend

アップ・トゥ・ナウ
アップ・トゥ・ナウ (JUGEMレビュー »)
スノウ・パトロール,マーサ・ウェインライト
光、温度、湿度まで感じられるような独特の空気感。「Just Say Yes」は、聴いていると身体の芯が目覚めてくるよう。

Recommend

幸福論 ―精神科医の見た心のバランス (講談社現代新書)
幸福論 ―精神科医の見た心のバランス (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
春日 武彦
よくある“幸せになるための…”にうんざりしている方は一読されたし。今の自分ってまんざらでもないじゃないか、と思えてくるかも。

Recommend

もう悩まなくていい ~精神科医熊木徹夫の公開悩み相談~
もう悩まなくていい ~精神科医熊木徹夫の公開悩み相談~ (JUGEMレビュー »)
熊木 徹夫
誰かの悩みに対する回答は、別の人を救い得るものではないか…。現役精神科医の、そんな想いが結実した誌上「臨床公開相談」。“型(タイプ)”別にファイリングされた症例の、相談内容に対する見事な応答に思わず膝を打つ名著です。

Recommend

介護タブー集 (介護ライブラリー)
介護タブー集 (介護ライブラリー) (JUGEMレビュー »)
三好 春樹
介護を病気の治療と混同することから生じる誤解を「タブー」とし、ではどうすれば良いかが写真やイラストを交え、具体的に分かりやすく解説されています。

Recommend

ブレイクスルー+7
ブレイクスルー+7 (JUGEMレビュー »)
コルビー・キャレイ,ジェイソン・ムラーズ,ジェイソン・リーヴス
聴いているだけで心楽しく明るい気分に。才能というより人柄なのかも。軽くてポップな曲にあふれ、ヒットしたM-4だけでなく他も聴きどころあり。ボーナストラックが7曲にはビックリ!アルバム2枚分のボリュームです。

Recommend

グッド・デイ
グッド・デイ (JUGEMレビュー »)
プリシラ・アーン
草原を吹き渡る風のような歌声と演奏です。

Recommend

ライト・オブ・X
ライト・オブ・X (JUGEMレビュー »)
ミランダ・リー・リチャーズ
やさしさ、素直さ、透明感・・・う〜ん言葉では上手く表現できません。聴いてみて下さいとしか・・・下記サイトで試聴できます♪
http://www.mirandaleerichards.com/music.html

Recommend

旅する力―深夜特急ノート
旅する力―深夜特急ノート (JUGEMレビュー »)
沢木 耕太郎
“旅”をささやかな冒険ととらえるすべての旅人へ捧げます。

Recommend

認知療法・認知行動療法カウンセリング初級ワークショップ―CBTカウンセリング
認知療法・認知行動療法カウンセリング初級ワークショップ―CBTカウンセリング (JUGEMレビュー »)
伊藤 絵美
やろうとしてもなかなかやれない、優柔不断で踏ん切りがつかないなどなど、悪循環のパターンを変えたい方は一読されたし。

Recommend

図解雑学 心理カウンセリング (図解雑学シリーズ)
図解雑学 心理カウンセリング (図解雑学シリーズ) (JUGEMレビュー »)
松原 達哉
カウンセリングに関する事項を広く浅く知るためのガイダンスとしてお手元に。

Recommend

心理カウンセラーをめざす前に読む本―「私でもなれるの?」と思っているあなたへ
心理カウンセラーをめざす前に読む本―「私でもなれるの?」と思っているあなたへ (JUGEMレビュー »)
富田 富士也
心理カウンセラーをめざす前でも、めざしてしまった後でも構わない。
それでもできれば“たまご”のうちに出会っておきたい一冊。
お探し物を一発サーチ!

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

Sponsored Links

無料ブログ作成サービス JUGEM